退職の記念品はどのようなものが喜ばれる?

退職記念に贈り物をしましょう。もらって嬉しい物とは?どんな記念品が喜ばれるのか。 - 退職の記念品はどのようなものが喜ばれる?

退職の記念品はどのようなものが喜ばれる?

定年退職で辞められる職場の先輩に、どんな記念品をプレゼントすればいいのか迷うという人もいると思います。
定年退職は、人生の大きな節目ですから、今まで長い間お世話になった感謝の気持ちが伝わるように、
そして、記憶に残るようなプレゼントを選びたいですよね。

退職記念品のマナーについて

nhghmklf
まずは、せっかくいいプレゼントを選べても、マナー違反な行為をしてしまうと、雰囲気は台無しになってしまいます。
なので、最初にマナーを確認しておきましょう。
退職記念品に名前を入れる場合に気を付けたい事は、名前を間違えない事です。
そんなの当たり前だと思われるかもしれませんが、下の名前の漢字を間違えていたなんて事もあるので、必ず確認をして下さい。
そして、名前の後に入れる敬称は、一般的には「様」や「殿」を使用します。
ただし、殿は上役から下役に贈る際には問題はありません。
会社の組織全体から定年退職記念品という形でプレゼントを贈るのであれば、社長からという扱いになり「殿」となります。
ただし、部署で定年退職者が上役で、部下が有志一同という形で贈るのであれば、「様」となります。

どんな記念品が喜ばれるのか

では実際に、どんなものを記念品として選ぶと喜ばれるのでしょうか?
記念品とは言葉通り、記念となるもの、思い出として残るものを選ぶようにしましょう。
例えば写真と感謝の言葉を入れた楯や時計、万年筆などは記念品の定番となっています。
またプレゼントに社名や会社のロゴマークなどを入れるだけでも、既存商品にオリジナル感が加わるでしょう。
ただ、定番の記念品は本当に喜ばれるものなのでしょうか?
例えば社名が入った腕時計を、定年退職後に普段使いで使うかというと微妙なところですよね。
品質の確かなものであっても、自分の好みのものとは限りませんし、楯などは使い道がないし、置き場に困る。
そう思っている人も案外多いのではないでしょうか?
そして最近はカタログギフトで、商品券や旅行券、お食事券など厳選した品ぞろえの中から、自分が本当に欲しいものを
自由に選ぶ事が出来る、そんな記念品を選ぶ会社が増えてきています。
定年退職後に、会社員の頃よりも、時間に余裕がある生活が送れるようになるはずです。
旅行に出かけたり、美味しいものを食べに出かけたり、カタログギフトで、そんな楽しい時間をプレゼントする事の方が、
形式ばった記念品よりも、喜ばれる記念品なのかもしれませんね。
もちろん中には、腕時計や楯など会社名の入った記念品らしい記念品が欲しいという人もいるかもしれません。
そんな人のためには、カタログギフトの中に、社名を入れれる腕時計や楯も品揃えに加えておくといいでしょう。

記念品の相場はいくらぐらい?

ilul
では定年退職の記念品の金額の相場はいくらぐらいなのでしょうか?
もちろん会社によって異なりますが、1〜3万円程度が目安となります。
あまり高いと金額が負担になってしまいますし、もらった方も恐縮してしまうので、お互いに負担にならない金額にしましょう。
贈るタイミングは退職日の前日までか、退職日の後に送別会を開く場合は送別会の時に渡すといいでしょう。
表書きは「退職祝い」としてしまいがちですが、「感謝をこめて」「御礼」と書く方がいいでしょう。
記念品とは、贈る側の自己満足にならないように、もらう相手が喜んでくれるものを選びたいですよね。
また記念品と一緒に、花束や手紙なども添えて、感謝の気持ちを伝えましょう。
横浜市の記念品販売なら記念品オンライン https://www.kinenhinonline.com/