退職の記念品はどのようなものが喜ばれる?

退職記念に贈り物をしましょう。もらって嬉しい物とは?どんな記念品が喜ばれるのか。 - 定年退職の記念品を贈るのは

定年退職の記念品を贈るのは

定年退職の記念品とは、一般的に会社が定年退職者を対象に贈るものです。
しかし最近では、リストラや転職などを理由に、入社から退職まで同じ会社で働き続ける人が減りつつあります。
また経費削減の意味もあり、退職の記念品を贈らない、そんな会社も増えつつあります。

有志一同の定年退職の記念品

会社から定年退職の贈呈を行っていなくても、定年退職で長年お世話になった上司が会社を辞めるわけですから、
部下としては感謝の気持ちを伝えたいですよね。
そんな同じ部署の同僚や部下が有志一同として、定年退職の記念品を贈るケースが増えています。
会社から贈呈される記念品は格式ばった、もらっても正直使い道に困ると思っている人は多いでしょう。
これは、会社全体で退職する社員に贈っているものなので、個別に選ぶわけではなく、
無難なものを選んでしまうのはある意味仕方がない事なのかもしれません。
しかし有志一同の場合は違います。同じ職場で一緒に苦楽を共にした仲間でもあります。
普段の会話の中や、飲み会の席などで趣味や好みについてもある程度把握出来ているでしょう。
だからこそ、本人が喜んでくれるものを選べる可能性が高いと言えるでしょう。

子から親へ定年退職の記念品

また親が定年退職する場合、子供は親が働いて養ってくれたおかげで、一人前になれたわけです。
普段はなかなか改まって感謝の言葉を告げる機会がないため、定年退職で記念品を贈ってみてはどうでしょうか?
高価なものである必要なありません。
それこそ、感謝の気持ちを込めた手紙や、家族団らんの写真を入れる写真立て、
父親は仕事人間だったから、どんな趣味があるのか分からないなんて人もいるかもしれません。
そんな場合は、両親を食事に連れていき、ご馳走をするだけでも、十分に気持ちが伝わりますし、喜んでくれるでしょう。
奮発して、家族旅行をプレゼントするのもいいですね。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »